初めて、「死」というものを感じました後から知ったことなのですが、このときの震度は震度6強で1分半以上続いていたそうです

机の下で次々と崩れ落ちる本を見ながら、泣き叫ぶ他の学生の悲鳴を聞きながら「日本はこのまま終わるのではないか」と、思いました。揺れが収まると、家族のことが、両親のことが心配になりました。私たち家族は岩手県の沿岸部に住んでいたので、過去の教訓から、この地震では津波が来ると直感したのです。なんとか、住んでいた地域に近づくにつれ、絶望が押し寄せてきました。街が水没していたのです。家も庭も何もかも海にさらわれていきました。私は、避難所で父と母を捜しました。携帯は地震でなくしてしまったのです。母とは、避難所ですぐに再会することができました。しかし、市役所の仕事で沿岸沿いを走っていた父の安否は絶望的でした。私も母も身一つで逃げてきたので、持っている金額が全財産でした。避難所といっても、国からの援助や支援がくるまで自分たちで生き残るしかありませんでした。そのために私は、内陸部を目指して、現金と食べ物を調達しに行きました。そこで、免許証しか身分証明証がなかった私が利用したのが、即日融資のキャッシングでした。このおかげで、国の支援がくるまで、まとまったお金を手にすることができ、母と生き延びられました。父と再会したのは、一週間後の遺体安置所でした。一瞬の出来事で津波に飲まれたらしく、とても亡くなっているようには見えませんでした。それからは、母と二人で仮設住宅で暮らしています。


着物買取の高価買取

ipadはいくらで買取ってもらえますか?

歯磨きや歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】

商標登録を出願します!お問い合わせ下さい

海外へ勉強しに行きたいという夢が叶いそうです☆